三浦成美の父親や兄弟を調査!ポジションやプレースタイルを解説!

今回は、

中学時代から『日テレ・メニーナ』でプレーしており、

2016年から『日テレ・ベレーザ』に所属している三浦成美選手について紹介していきます!!

 

三浦成美選手は、

2016年から『日テレ・ベレーザ』で活躍し、

2018年から日本代表にも選ばれている実力ある選手ですね!!

 

この記事では、

そんな三浦成美選手のポジションやプレースタイルについて解説いたします!!

 

スポンサードリンク

 

三浦成美の父親や兄弟など家族を調査!!

 

三浦成美選手には、

兄と弟がいます。。

 

兄 → 雅人

弟 → ひろむ

 

兄弟に関して詳しい情報はわかりませんでしたが、、、

三浦成美選手は6歳の時に兄の影響でサッカーを始めたそうですから、、、

お兄さんもサッカーに打ち込んでいたのでしょう!!

 

また、

三浦成美選手のことをインターネット上で検索すると、、、

『父親』といったキーワードが浮上するため、父親に関して気になっている方は多くいるようです。。。

 

しかし、

残念ながら三浦成美選手の父親に関する情報は特にありませんでした。。。

 

また、

母親に関する情報もありませんでしたので、、、

両親に関する情報はありません。。。

 

三浦成美のポジションを紹介!!

 

名前       三浦 成美(みうら・なるみ)

生年月日     1997年7月3日

出身地      神奈川県川崎市

身長       155cm

ポジション    MF

利き足      右

【所属クラブ】

2016- → 日テレ・ベレーザ

【日本代表歴】

2018- → 日本A代表

 

 

三浦成美選手の現在のポジションは、

『ボランチ』です。。。

 

『日テレ・ベレーザ』では、

チームの大黒柱である阪口夢穂選手が右ヒザ前十字靭帯損傷と内側半月板損傷により半年以上の戦線離脱を強いられ たことで、、、

その代役として三浦成美選手が抜擢される形でアンカー(ワンボランチ)のレギュラーポジションを確保して評価を高めています。。。

 

 

三浦成美選手は本来、

『ユーティリティープレーヤー』でボランチだけではなく、、、

中盤ならどこでもこなすことが出来るうえにサイドバックでも起用されることもあります。。。

 

『U20ワールドカップ』では現在、、

なでしこジャパンの清水梨沙選手の怪我のために右サイドバックで主にプレーして穴を埋めています。。。

 

 

なでしこジャパンでも『日テレ・ベレーザ』で阪口夢穂選手の穴を埋めたことが評価され、

ボランチで阪口夢穂選手のポジションと役割で起用されていおり、急速に評価を高めていてワールドカップメンバーに滑り込みを果たしています。。。

 

これまでは、

周囲の状況によってポジションを変えていましたが、、、

21歳となりそろそろプレースタイルを固めていく時期なので、、、

今後はボランチが主戦場となっていくのではないでしょうか。。。

 

今後のポジションも気になるところですね。。。

 

三浦成美のプレースタイルを解説!!

 

三浦成美選手は、

身長158cmと小柄な体格ですが、

小学生時代は男子チームに混じってチーム唯一の女子選手としてサッカーをしていたことで、

体格のハンデを埋める術を身に着けており、海外勢相手にも戦える選手といえるでしょう。。。

 

『豊富な運動量』『スピード』『球際の強さ』があり、

体格のハンデを感じさせません。。。

 

守備では、

『予測力』『ボール奪取能力』『スペース管理能力』に優れていて、、、

ポジションバランスを崩さずにボールホルダーにアプローチできます。。。

 

攻撃面では、

判断が早くシンプルにボールを繋ぐスキルに優れているために、

フィジカルコンタクトを受けず、ボールを散らすことが出来ます。。。

 

ゴール前に顔を出して、

シュートを決めるセンスもあるので攻撃参加も得意ですね。。。

 

相手のプレッシャーが激しい場合は、

ワンタッチ、ツータッチでパスを繋ぎながら攻撃のリズムを作り出し、、、

プレッシャーに来ない場合は相手選手を引きつけて味方選手にスペースを作りだしてからボールを放すことができて、、、

ボールが奪われると素早く相手選手にプレッシャーをかけて攻撃を遅らせて守備に戻る時間を作ってくれることから、、、

『攻守に置いて試合のコントロール能力が高い選手』といえるでしょう!!!

 

課題を挙げるとするなら、

守備面では、ゴール前の守備の激しさでしょうか。。。

 

『身体を投げ出してシュートをブロックしたり、自分のポジションを捨ててでも失点のリスクを排除する』というような危機察知能力と寄せの激しさ、スライディング、フィジカルコンタクト等に物足りなさがありますね。。。

 

攻撃面では、

『展開力』です。。。

 

ロングフィード能力に欠けるため、大きくサイドチェンジするプレーが、

阪口夢穂選手と比較すると、少なく、、、

攻撃が手詰まりになるシーンがあるので、より遠くをみて機を見てディフェンスラインの背後や逆サイドに大きく展開するロングフィードが出来るようになると良いですね。。。

 

これができれば、

ボランチとしてさらに一皮むけると思います。。。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

三浦成美選手について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

三浦成美選手は、

2016年から『日テレ・ベレーザ』に所属しており、、、

2018年から日本代表にも選ばれている期待の選手です!!

 

今後は、

『日テレ・ベレーザ』でしっかりと結果を残し、

日本代表の中心選手として活躍してほしいですね!!

 

 

なでしこジャパンに関する記事はこちら!!

 なでしこジャパン 可愛い選手

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】