サッカードリブラーランキング【TOP30】世界最高の選手は誰?【動画】

サッカー観戦をしていて、

個人的にテンションが上がるのは、、、

得点シーンよりもドリブルだったりします!!

 

もちろん、

得点シーンもテンション上がりますが、、、

それ以上にドリブル突破や巧みなドリブルキープだったりもしますよね!!

 

特に、

最近のサッカー界におけるスター選手は、

ドリブラーが多いように思います!!

 

クリスティアーノ・ロナウド選手やリオネル・メッシ選手、ネイマール選手なども、

巧みなドリブル突破で会場を沸かせていますよね!!!

 

今回は、

そんなサッカー選手のトップドリブラーをランキング形式で紹介したいと思います!!

 

果たして、

世界で活躍するスター選手は何位に入るのでしょうか??

 

*Jリーグの放映権を獲得しているDAZNで有名なパフォームグループのデータ会社OPTAのデータをもとにしてスイス調査機関CIESが算出した数値を参考に世界ドリブラーランキングを紹介しています。。。

 

スポンサードリンク

 

 

30位 キリアン・ムバッペ(フランス/FW)

 

キリアン・ムバッペ選手は、

『
1試合平均ドリブル数3.7 ドリブル成功率53%』といったデータを残しています!!

 

 

キリアン・ムバッペ選手は、

フランス代表の19歳の超新星です。。。

 

2018年に、

100億円越えの移籍金で『パリサンジェルマン』へ移籍しましたよね!!

 

爆発的なスピードと、

両サイドでプレーできる器用さを兼ね備えています。。。

 

ドリブルだけでなく、

オフザボールの動き出しも素晴らしく、、、

スピードに乗った状態でボールを受けることが出来ることが、

良いドリブルに繋がっていますね!!

 

==ムバッペ選手に関する記事はこちら==

◆ エムバペの読み方はムバッペ?年俸とプレースタイルやゴールパフォーマンスの意味とは?

29位 パウロ・ディバラ(アルゼンチン/FW)

 

パウロ・ディバラ選手は、

『
1試合平均ドリブル数3.2 ドリブル成功率60%』といったデータを残していますね!!

 

 

パウロ・ディバラ選手は、

アルゼンチン代表の若き至宝で、

『メッシ選手の後継者』と呼ばれる左利きの小柄なドリブラーです!!

 

相手の守備ブロックの間でボールを受けてからのドリブルで、

中から切り裂きますね!!

 

『細かなボールタッチ』『俊敏性を』兼ね備えたドリブルは、

まさにメッシ選手を彷彿とさせます。。。

 

==ディバラ選手に関する記事はこちら==

◆ ディバラの年俸やプレースタイルを解説!ゴールパフォーマンスの意味とは?

28位 レロイ・ザネ(ドイツ/MF)

 

レロイ・ザネ選手は、

『
1試合平均ドリブル数3.1 ドリブル成功率60%』といったデータを残していますね!!

 

 

ドイツ代表の次世代のスター候補で、

父親は元セネガル代表フォワードで母親は元ドイツ代表の陸上選手です。。。

 

素晴らしい遺伝子を持っており、

驚異の身体能力を持つレフティードリブラーで、、、

『ドイツ代表のメッシ2世』と呼ばれることもありますね。。。

 

27位 エベル・バネガ(アルゼンチン/MF)

 

エベル・バネガ選手は、

『
1試合平均ドリブル数3.1 ドリブル成功率63%』といったデータを残していますね!!

 

 

エベル・バネガ選手は、

アルゼンチン代表の『レジスタ(演出家)』です!!

 

パサーのイメージが強いですが、

タイミングよくパスを出せるのは、、、

ドリブルでパスコースを作ったり時間を作ることが出来るからでしょう。。。

 

26位 ウィルフリード・ザハ(コートジボワール/MF)

 

ウィルフリード・ザハ選手は、

『1試合平均ドリブル数4.1 ドリブル成功率49%』といったデータを残しています!!

 

 

ウィルフリード・ザハ選手は、

驚異的な身体能力を誇るドリブラーで、

スピードと足の長さを活かした直線的なスピードの速さを活かしたドリブルが武器であることから、

ドリブル回数が多いですね!!

 

マンチェスターユナイテッドでは成功できませんでしたが、、、

新天地で復活を遂げています。。。

 

スポンサードリンク

 

25位 ナビ・ケイタ(ギニア/MF)

 

ナビ・ケイタ選手は、

『1試合平均ドリブル数3.7 ドリブル成功率55%』といったデータを残していますね!!

 

 

ナビ・ケイタ選手は、

『スピード』『運動量』に優れたドリブラーです。。。

 

カウンターアタックに特化した、

ドイツ・ブンデスリーガの『RBライプツィヒ』の戦術の中で、

ドリブルで『違い』を作ることが出来る選手ですね。。。

 

2018年からは、

『RBライプツィヒ』での活躍が評価され、

プレミアリーグの『リヴァプールFC』へ移籍が決まっています!!

 

24位 ユリアン・ドラクスラー(ドイツ/MF)

 

ユリアン・ドラクスラー選手は、

『
1試合平均ドリブル数2.6 ドリブル成功率77%』といったデータを残していますね!!

 

 

パリサンジェルマンでは、

ネイマール選手とポジションを争うドイツ代表のドリブラーです。。。

 

パスもシュートも上手い万能型の選手で、

ドリブル成功率の高さが状況判断の良さを証明していますね。。。

 

強引なドリブル突破はないですが、

『ドリブルで抜けるタイミングを見逃さない選手』といえるでしょう!!!

 

23位 イスコ(スペイン/MF)

 

イスコ選手は、

『
1試合平均ドリブル数3.1 ドリブル成功率68%』といったデータを残していますね!!

 

 

イスコ選手は、

『レアルマドリード』『スペイン代表』の攻撃を操る選手です。。。

 

相手の逆をとるドリブルを持ち、

ボールをほとんど失いません。。。

 

また、

狭いエリアで複数の選手に囲まれながらも、

ドリブルでパスコースを作ります!!

 

レアルマドリードとスペイン代表では、

『攻撃の中継役を担うキープレイヤー』となっています。。。

 

==イスコ選手に関する記事はこちら==

◆ イスコの年俸やポジションと天才的なプレースタイルを解説【動画】

22位 ルイス・アラウホ(ブラジル/FW)

 

ルイス・アラウホ選手は、

『1試合平均ドリブル数3.1 ドリブル成功率67%』といったデータを残していますね!!

 

ルイス・アラウホ選手は、

フランスリーグアンのリールに所属するフォワードです!!

 

21歳の小柄なブラジル人ドリブラーで、

ブラジル人らしいトリッキーなフェイントを駆使したドリブルで注目される若手有望株です。。。

 

左利で、

強烈なシュートを持っていますね。。。

 

21位 ゴンサロ・グエデス(ポルトガル/FW)

 

ゴンサロ・グエデス選手は、

『
1試合平均ドリブル数3.4 ドリブル成功率62%』といったデータを残していますね!!

 

 

ゴンサロ・グエデス選手は、

ポルトガル代表で『クリスティアーノロナウド2世』と呼ばれる20歳のドリブラーです。。。

 

身長が高く、

足も速くて左ウイングで起用されることが多いですね。。。

 

ポルトガル代表では、

クリスティアーノロナウド選手と2トップを組むことも多いので、

タイプが似ている二人は吸収出来ることも多いでしょうから、、今後が楽しみでした。。。

 

スポンサードリンク