コパアメリカ2019はなぜ日本も招待される?出場条件や資格を調査!

2019年6月14日〜2019年7月7日に、

ブラジルで開催される『コパ・アメリカ』に日本代表も参戦することが決まっていますね!!

 

錚々たる南米の国が集い、優勝を争うわけですが、、、

今大会には招待国として『日本』と『カタール』が選ばれています。。。

 

そこで個人的に思うのが、、、

『なぜ招待国に『日本』が選ばれているのだろうか??』という点です。。。

 

みなさんは、

なぜ日本代表が招待国として選ばれたのか、、、

疑問に思いませんか??

 

この記事では、

第46回『コパ・アメリカ2019』に日本代表が招待されている理由や、

コパ・アメリカの出場条件について迫りたいと思います!!!

 

スポンサードリンク

 

コパアメリカ2019はなぜ日本も招待される?

 

コパ・アメリカは、

南米大陸王者決定戦ですが、、、

アジアの『日本』『カタール』が招待されているのは不思議ですよね。。。

 

 

 

招待される理由は、

南米がアジアやヨーロッパほどの国の数が無いので、、、

南米の国だけで大きな大会を開催するのが難しいことが挙げられます。。。

 

そして、

『ヨーロッパ』『アフリカ』『北中米カリブ』は、

同時期に各大陸王者決定戦を行うため、、、招待するならアジアの国となるわけですね。。。

 

今大会の開催国ブラジルは、

日本サッカーとの関係が特に深く、日系ブラジル人やJリーグで仕事をしたブラジル人サッカー関係者との交流が今大会の招待に繋がった側面はあるでしょう。。。

 

明治時代に、

日本からブラジルに多くの労働者が移り住んで勤勉に労働して国の発展に大きく貢献しており、、、

その子孫である”セルジオ越後氏””与那城ジョージ氏”らが日本サッカーの成長に大きく貢献。。。

 

Jリーグ発足後は、

鹿島アントラーズに加入した”ジーコ氏”が象徴的ですが、、、

Jリーグの歴代外国人選手も外国人監督もブラジル人が最多。。。

 

 

日本代表監督も”ファルカン氏””ジーコ氏”とブラジル人監督が2人就任しています。。。

 

中学生でブラジルにサッカー留学した”三浦知良”選手がサントスで活躍した後に、

読売クラブに加入して日本代表の中心となっていったこともありました。。。

 

 

また、

ヨーロッパ以外で初のFIFA会長となったブラジル人”アヴェランジェ氏”は、

日本でのワールドカップ開催を決定(のちにブラッター会長によって日韓共催に)していたり、、、

ヨーロッパが牛耳るサッカーを世界的なスポーツにしていくうえでブラジルと日本は良いパートナーだったわけですね。。。

 

このように、

ブラジルサッカーの影響を色濃く受ける日本サッカー界は信頼関係が出来上がっていると考えられます。。。

 

もちろん、

以下のような点も日本が選ばれた理由としてあげられるでしょう。。。

 

・放映権を獲得したい

・入場料収入

・広告収入を得たい

 

これらの経済的な理由ももちろんあるでしょうが、それだけではなく、、、

日本代表のレベルや歴史的なブラジルサッカー界との関係性の良さが招待の理由となっています。。。。

 

スポンサードリンク

 

コパアメリカ2019の出場条件や資格を調査!!

 

南米サッカー連盟に所属する国は数が少ないため予選は無く、

この10か国は全てコパ・アメリカに参加。。。

 

この10か国に加えて、

1993年大会からは他地域から2か国を招待し12か国体制で大会を行う形となりましたので、、、

コパ・アメリカの出場資格は『南米のFIFA加盟国』『招待国』であることですね。。。

 

北中米カリブの国が近いので招待されることが多かったですが、、、

今大会は日程が北中米カリブ王者決定戦のゴールドカップと被ったことでアジアの日本とカタールが招待されており、、、

以下の12カ国が参加します!!

 

・アルゼンチン

・ブラジル(開催国)

・コロンビア

・ウルグアイ

・ペルー

・チリ(前回大会優勝国)

・ベネズエラ

・エクアドル

・ボリビア

・パラグアイ

・日本(招待国)

・カタール(招待国)

 

グループステージで4チームが3つに分かれ、

上位2チームと3位のうち成績上位2カ国が決勝トーナメントに進出してノックアウト方式で優勝を決めます。。。

 

ちなみに、

グループステージの組み合わせは以下になります。。

 

【グループA】

・ブラジル

・ボリビア

・ベネズエラ

・ペルー

【グループB】

・アルゼンチン

・コロンビア

・パラグアイ

・カタール

【グループC】

・ウルグアイ

・エクアドル

・日本

・チリ

 

日本代表は、

ウルグアイ、チリ、エクアドルと同組ですね。。。

 

 

1勝1分け1敗でもグループステージ突破は濃厚なので、

日本代表もベストメンバーには程遠い若手主体ですが、、、

勝ち上がるチャンスは十分にあります。。。

 

1試合でも多く、

若い選手に貴重な経験を積んできてもらいたいですね。。。

 

コパアメリカ2019の優勝候補を紹介!!

 

『コパ・アメリカ2019』の優勝候補は、

『ブラジル』『アルゼンチン』『コロンビア』『ウルグアイ』といったあたりでしょう。。。

 

しかし、

早速、ブラジル代表のエースであるネイマール選手の欠場が決定。。。

 

 

代表メンバー的には、

アルゼンチン代表もスター選手が揃っていますが、、、

優勝は難しいと考えている様子。。。

 

 

コロンビア代表は、

”ハメス・ロドリゲス”選手”ファルカオ・ガルシア”選手”ファン・クアドラード”選手など最強の攻撃陣が集結しており、

さらに、セリエAで大ブレイク中のサパタ選手も選ばれています!!

 

 

 

ウルグアイは、

”スアレス”選手”カバーニ”選手の最強ツートップが大暴れしそうですね!!

 

 

これらの強豪チーム相手に挑む、

日本代表メンバーは以下になります!!

 

【GK(ゴールキーパー)】

1番 川島永嗣(ストラスブール/フランス)

12番 小島亨介(大分トリニータ)

23番 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

【DF(ディフェンダー)】

2番 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)

4番 板倉滉(フローニンゲン/オランダ)

5番 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー)

14番 原輝綺(サガン鳥栖)

15番 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)

16番 冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

19番 岩田智輝(大分トリニータ)

22番 立田悠悟(清水エスパルス)

【MF(ミッドフィルダー)】

3番 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)

6番 渡辺皓太(東京ヴェルディ)

7番 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

8番 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)

10番 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)

11番 三好康児(横浜F・マリノス)

17番 松本泰志(サンフレッチェ広島)

20番 安部裕葵(鹿島アントラーズ)

21番 久保建英(FC東京)

【FW(フォワード)】

9番 前田大然(松本山雅FC)

13番 上田綺世(法政大学)

18番 岡崎慎司(レスター/イングランド)

 

若い選手が中心に選ばれていますね。。。

 

 

個人的に、

とても気になるのが久保建英選手です。。。

 

 

 

スタメンでの出場の可能性は低いですが、

途中出場は十分にあり得るでしょう!!!

 

日本の今後を背負う逸材だと思いますから、、、

ブラジルの地でインパクトを残すようなプレーを披露してほしいですね!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

『コパ・アメリカ2019』になぜ『日本』が招待されているのかについて紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

明確な答えはありませんが、

おそらくこの記事で紹介した内容で日本は招待されているのでしょう。。。

 

日本とブラジルは接点も多く、

タイミングも良かったことから『コパ・アメリカ』への参加が決定しました!!

 

南米の国と真剣勝負できる機会は少ないですから、、、

今大会で若手選手たちにはしっかりと経験を積んで次に繋げてほしいですね!!!

 

【関連記事】

◆ サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】

◆ サッカー日本代表歴代最強のサイドバックランキング【TOP10】

◆ サッカー日本代表歴代最強の守備的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

◆ サッカー日本代表歴代最強の攻撃的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

◆ サッカー日本代表歴代最強のフォワードランキング【TOP10】

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 コパアメリカ2019の地上波放送予定 女子ワールドカップ2019の地上波テレビ放送予定 サッカー見るならDAZNがおすすめ! サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】