女子ワールドカップ2019の優勝候補を予想【注目選手も紹介】

2019年6月7日〜7月7日に、

フランスで開催される『女子ワールドカップ』には日本代表(なでしこジャパン)も参加します!!

 

日本代表は、

2011年に優勝した実績があることから、、、

『女子ワールドカップ2019』もぜひ優勝を目指したいところ。。。

 

しかし、

ワールドカップだけあって、

世界の強豪国が集結しており、優勝は一筋縄ではいきませんよね。。。

 

ということで、

今回は『女子ワールドカップ2019』の優勝候補や注目選手について紹介いたします!!!

 

スポンサードリンク

 

女子ワールドカップ2019の優勝候補を予想!!

 

女子ワールドカップ2019大会の出場国は以下になります。。

 

【ヨーロッパ】

・フランス(開催国)

・イングランド(3大会連続4回目、予選大会『1組1位』、最高成績『3位(2015年)』、FIFAランク4位)

・スコットランド(初出場、予選大会『2組1位』、FIFAランク20位)

・ノルウェー(8大会連続8回目、予選大会『3組1位』、最高成績『優勝(1995年)』、FIFAランク13位)

・オランダ(2大会連続2回目、予選大会『3組2位』、最高成績『ベスト16(2015)』、FIFAランク7位)

・スウェーデン(8大会連続8回目、予選大会『4組1位』、最高成績『準優勝 (2003)』、FIFAランク9位)

・ドイツ(8大会連続8回目、予選大会『5組1位』、最高成績『優勝 (2003, 2007)』、FIFAランク2位)

・イタリア(5大会連続3回目、予選大会『6組1位』、最高成績『ベスト8 (1991)』、FIFAランク16位)

・スペイン(2大会連続2回目、予選大会『7組1位』、最高成績『GL敗退 (2015)』、FIFAランク12位)

【アジア】

・日本(8大会連続8回目、予選大会『優勝』、最高成績『優勝 (2011)』、FIFAランク8位)

・オーストラリア(7大会連続7回目、予選大会『準優勝』、最高成績『ベスト8 (2007, 2011, 2015)』、FIFAランク6位)

・中国(2大会連続7回目、予選大会『3位』、最高成績『準優勝 (1999)』、FIFAランク15位)

・タイ(2大会連続2回目、予選大会『4位』、最高成績『GL敗退 (2015)』、FIFAランク29位)

・韓国(2大会連続3回目、予選大会『5位』、最高成績『ベスト16 (2015)』、FIFAランク14位)

【アフリカ】

・ナイジェリア(8大会連続8回目、予選大会『優勝』、最高成績『ベスト8 (1999)』、FIFAランク39位)

・南アフリカ共和国(初出場、予選大会『準優勝』、FIFAランク48位)

・カメルーン(2大会連続2回目、予選大会『3位』、最高成績『ベスト16 (2015)』、FIFAランク46位)

【北中米カリブ海】

・アメリカ合衆国(8大会連続8回目、予選大会『優勝』、最高成績『優勝 (1991, 1999, 2015)』、FIFAランク1位)

・カナダ(7大会連続7回目、予選大会『準優勝』、最高成績『4位 (2003)』、FIFAランク5位)

・ジャマイカ(初出場、予選大会『3位』、FIFAランク53位)

【南米】

・ブラジル(8大会連続8回目、予選大会『優勝』、最高成績『準優勝 (2007)』、FIFAランク10位)

・チリ(初出場、予選大会『準優勝』、FIFAランク38位)

・アルゼンチン(3大会連続3回目、予選大会『3位』、最高成績『GL敗退 (2003, 2007)』、FIFAランク36位)

【オセアニア】

・ニュージーランド(4大会連続5回目、予選大会『優勝』、最高成績『GL敗退 (1991, 2007, 2011, 2015)』、FIFAランク19位)

 

女子ワールドカップ2019大会は、

群雄割拠で以前ほどの差が全体的になくなり、どこが勝ってもおかしくない状態となっていますが、、、

『4強』といっていいですね。。。

 

 

まずは『FIFAランキング1位』で4年前のカナダ大会優勝の【アメリカ】です!!!

 

8年前にドイツワールドカップ決勝で日本相手に先制点を決めた俊足フォワードの”アレックス・モーガン”選手が29歳となり、、、

全盛期となってエースストライカーに君臨しています。。。

 

年収が4億円で、

世界一稼ぐ女子サッカー選手となっています。。。

 

ベテランの”ロイド”選手、”ラピノー”選手も健在で、

アメリカ代表の集大成のようなチームですね。。。

 

一方、育成年代で結果が出ていないので、

若手選手がこの大会で台頭してこないのであれば、、、

今後トップの座を失っていくでしょう。。。

 

 

『FIFAランキング2位』【ドイツ】は、

2年前のリオデジャネイロオリンピック優勝国です。。。

 

リオデジャネイロオリンピックでは、

若手世代が台頭してきて、今大会ではより成熟したチームとなっているはずですね。

 

2017年の女子EUROでは、

まさかのベスト8敗退を喫しているので盤石とは言い切れません。。。

 

 

『FIFAランキング3位』【イングランド】は、

プレミアリーグの成功の恩恵を受けて女子サッカーにも資金が流入して育成年代への投資が実ってきています。。。

 

昔ながらの『キック&ラッシュサッカー』に加えて、

ポゼッションも出来るようになり、モダンなチームへと変貌を遂げています。。。

 

『FIFAランキング4位』【フランス】は、

なんといっても開催個のアドバンテージがあります。。。

 

昨年の男子に続いて、

フランスの男女優勝へ向けた意気込みは相当大きいでしょう。。。

 

チャンピオンズリーグで他を寄せ付けない強さを誇っているリヨンの選手を中心にしてくるので、

クラブで構築したワールドクラスの連係が見られるのは楽しみですね。。。

 

 

その他には、

2017年のEURO優勝のオランダ。。。

 

リオデジャネイロオリンピック準優勝のスウェーデンも注目です。。。

 

また、

育成年代では以下のような結果となっていて、、、

日本、スペイン、北朝鮮が結果を残しています。。。

 

【2016年】

U20ワールドカップ → 優勝『北朝鮮』 準優勝『フランス』 3位『日本』『アメリカ』

U17ワールドカップ → 優勝『北朝鮮』 準優勝『日本』 3位『スペイン』『ベネズエラ』

【2018年】

U20ワールドカップ → 優勝『日本』 準優勝『スペイン』 3位『イングランド』『フランス』

U17ワールドカップ → 優勝『スペイン』 準優勝『メキシコ』 3位『カナダ』『ニュージーランド』

 

北朝鮮は今大会、

ドーピング問題で出場停止なので日本とスペインの若手世代は要注目ですね!!!

 

 

女子ワールドカップ2019の注目選手を紹介!!

 

女子ワールドカップ2019に出場する有名な注目選手は、

以下になります。。

 

・アレックス・モーガン選手(アメリカ代表)

・マロジャーン選手(ドイツ代表)

・マルタ選手(ブラジル代表)

・ルナール選手(フランス代表)

・チ・ソヨン選手(韓国代表)

・岩渕真奈選手(日本代表)

 

アメリカ代表のフォワードであるアレックス・モーガン選手は、

世界トップレベルのフォワードです!!

 

マロジャーン選手は、

ドイツ代表の司令塔ですね!!

 

マルタ選手は、

ブラジル代表の個人技に優れた選手で、

ルナール選手はフランス代表のディフェンダーです!!

 

アジアでは、

韓国代表のチ・ソヨン選手や、

日本代表の岩渕真奈選手に注目が集まります!!

 

 

特に、

岩渕真奈選手は見ているだけで凄いとわかる選手だと思います。。。

 

若手世代では、

2014年に開催された『U17ワールドカップ』と2016年に開催された『U20ワールドカップ』MVPを獲得した杉田妃和選手にも注目が集まります!!

 

2018年に開催された『U20ワールドカップ』MVPを獲得している、

スペイン代表のギハーロ選手にも注目が集まりますね!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

『女子ワールドカップ2019』の優勝候補や注目選手について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

『女子ワールドカップ2019』は、

『アメリカ』『ドイツ』『イングランド』『フランス』の4強であると考えます。。。

 

この4強が注目されている中、

日本代表がどこまで結果を残せるのか、、、

非常に楽しみですね!!!

 

日本代表の若い世代とベテランの融合に期待したいです!!!

 

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】