畠中槙之輔の嫁や子供はいる?年俸推移やプレースタイルを解説【動画】

今回は、

2018年から『横浜F・マリノス』でプレーしており、

2019年から日本A代表にも選ばれている畠中槙之輔選手について紹介します!!

 

畠中槙之輔は、

Jリーグトップレベルのディフェンダーで、

パス精度の非常に高い選手です!!

 

この記事は、

そんな畠中槙之輔選手の年俸推移やポジションとプレースタイルについて解説いたします!!

 

また、

畠中槙之輔選手の結婚相手の嫁や子供についても迫りたいと思います!!

 

スポンサードリンク

 

畠中槙之輔の嫁や子供はいる??

 

畠中槙之輔選手は、

2019年1月11日に結婚しています!!

 

 

畠中槙之輔選手は結婚について、

以下のコメントを出していますね!!

 

「予てよりお付き合いさせていただいた方と1月11日に結婚いたしました。サッカーでも家庭でも、覚悟と責任感を今まで以上にしっかり背負って過ごしたいと思います。応援よろしくお願いします!」

引用元 横浜F・マリノスの公式サイトはこちら!!

 

結婚相手のお嫁さんに関しては、

一般人女性であるため詳しい情報は公表していません。。。

 

また、

子供に関してもいるかいないかわかりません。。

 

奥様のことも公表していませんから、

子供ができても詳しいことは公表しない可能性が高そうですね。。。

 

スポンサードリンク

 

畠中槙之輔のプロフィールを紹介!!

 

名前       畠中 槙之輔(はたなか しんのすけ)

生年月日     1995年8月25日

出身地      神奈川県横浜市

身長       184cm

体重       80kg

ポジション    DF

利き足      右足

【所属クラブ】

2013-2018 → 東京ヴェルディ 61試合 4ゴール

2014-2015 → Jリーグ・アンダー22選抜 4試合 0ゴール

2016 → FC町田ゼルビア (loan) 29試合 0ゴール

2018- → 横浜F・マリノス 5試合 0ゴール

【日本代表歴】

2019- → 日本A代表

 

 

畠中槙之輔の年俸推移を紹介!!

 

2014年 → 300万円(東京ヴェルディ)

2015年 → 300万円(東京ヴェルディ)

2016年 → 300万円(町田ゼルビア)

2017年 → 500万円(東京ヴェルディ)

2018年 → 700万円/1400万円(東京ヴェルディ/横浜Fマリノス)

2019年 → 1900万円(横浜Fマリノス)

 

畠中槙之輔選手は、

東京ヴェルディの下部組織から2014年に『東京ヴェルディ』に昇格しています。

 

2016年に、

期限付き移籍先の『町田ゼルビア』でレギュラーとして活躍してA契約に移行。。。

 

2017年には、

監督に就任したスペイン人指揮官ロティーナ氏にその才能を高く評価され、

シーズンを通して東京ヴェルディのレギュラーポジションをつかみます。。。

 

2018年の夏には、

『横浜F・マリノス』へ移籍して年俸は倍増したと推測されますね。。

 

 

2019年の年俸は『1900万円』と報道されていますが、

日本代表に選出されているので来シーズン以降はさらに大きく金額を上げていくでしょう!!!

 

畠中槙之輔のポジションとプレースタイルを解説【動画】

 

畠中槙之輔選手のポジションは、

『センターバック』です。

 

器用な選手なので『サイドバック』『ボランチ』でもプレーすることができるでしょうが、

基本的にはセンターバックですね。。。

 

畠中槙之輔選手のプレースタイルの特徴はというと、

身体能力は『スピード』『ジャンプ力』があり身長も184cmあるため速さ、高さがある選手ですね。。。

 

 

 

 

 

センターバックにしては良く言えばクリーンですが、

悪く言えば『パワー不足』が否めないという印象ですね。。。

 

まだ23歳なので、

ディフェンダーとしての重厚感は年季が入ってくると出てくると思います。。。

 

守備面では、

『ヘディングの強さ』『ドリブル対応の強さ』がある程度あって、

J1の11試合終了時点でデュエル勝率は『52%』となっています。。。(データ引用sofascore)

 

攻撃面では、

ビルドアップ能力が高くパスに関する能力が全般的に素晴らしいです。。。

 

J1の11試合終了時点で、

パス成功率は『92%』となっていますね。。。(データ引用sofascore)

 

利き足のサイドではない4バックの左センターバックで起用されていることを考慮すると非常に高い数字で、

パス関連濃色に関しては日本人センターバックでトップクラスといっていいでしょう。。。

 

パスコースがなければドリブルで運んだり、

相手を引きつけてパスコースを自ら作り出すこともできるので、

これだけのパス成功率を残すことが出来ています。。。。

 

その最終ラインから攻撃を司るエレガントなプレースタイルから”日本のフンメルス(ドイツ代表)”とも一部で称されていますが、、、

『時代が違えばトップ下でプレーしていたのでは?』と感じるまでにパスセンスに溢れていて、

最終ラインからスルーパスを通してアシストすることまであります。。。

 

 

また、

セットプレーのターゲットにもなり得点数も多いですね。。。

 

その攻撃面の才能が評価されて日本代表に選出されましたが、、、

守備面を向上させて日本代表のレギュラーに定着すると、ボランチのパスセンスに依存していた日本サッカーを変えることが出来る選手だと思うので今後の成長に期待したいですね。。。

 

というわけで、

畠中槙之輔選手のプレースタイルは『攻撃面の才能溢れるセンターバック』とまとめることができるでしょう。。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

畠中槙之輔選手について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

畠中槙之輔選手は、

Jリーグの中でもトップレベルのディフェンダーとして活躍されていますから、、、

将来的には日本代表の中心選手になってほしいですね!!

 

パス精度も非常に高いですから、、、

今後の活躍がとても楽しみな選手です!!

 

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】