遠藤渓太は彼女いる?年俸推移やポジションとプレースタイルを解説【動画】

2016年から、

横浜F・マリノスでプレーし、

『FIFA U-20ワールドカップ』にも出場して活躍した遠藤渓太選手!!

 

遠藤渓太選手は、

東京オリンピック世代の中心選手で、

将来の日本代表として期待されていますよね!!

 

今回は、

そんな遠藤渓太選手の年俸推移やポジションとプレースタイルを解説いたします!!

 

また、

遠藤渓太選手は彼女いるの??

 

スポンサードリンク

 

遠藤渓太のプロフィールを紹介!!

 

名前        遠藤 渓太(えんどう けいた)

生年月日      1997年11月22日

出身地       神奈川県横浜市旭区

身長        175cm

ポジション     MF

利き足       右足

 

◆ 遠藤渓太選手のツイッターはこちら!!

◆ 遠藤渓太選手のインスタグラムはこちら!!

 

【所属クラブ】

2016- → 横浜F・マリノス

 

遠藤渓太は彼女いる??

 

10代のうちから、

『横浜F・マリノス』のトップチームでプレーし、

『FIFA U-20ワールドカップ』にも出場して活躍した遠藤渓太選手!!

 

将来を期待される日本代表候補であることから、、、

モテることは間違いないでしょう!!!

 

そんな、

遠藤渓太選手はまだ結婚していません。。。

 

また、

彼女に関する噂も特にありませんね。。。

 

まだ若いので、

結婚などは考えていないのかもしれませんが、、、

20代前半のうちに結婚するサッカー選手も多いですから、、、

もしかしたら、近いうちに良い報告が聞けるかもしれません!!

 

特に、

サッカー選手は高校時代の同級生と結婚するパターンが多いですから、、、

遠藤渓太選手も現在、交際している彼女がいるのだとしたら学生時代の同級生の可能性もありますよね。。。

 

遠藤渓太選手が、

どんな女性と結婚するのか、楽しみです!!!

 

スポンサードリンク

 

遠藤渓太の年俸推移を紹介!!

 

それでは、

遠藤渓太選手の年俸推移を紹介していきます!!!

 

遠藤渓太選手の年俸推移は以下になります!!

2018年 → 1000万円(横浜F・マリノス)

2017年 → 600万円(横浜F・マリノス)

2016年 → 400万円(横浜F・マリノス)

 

遠藤渓太選手は2016年に、

横浜マリノスユースから昇格を果たすとプロ入り1年目から多くの試合に出場。。。

 

2017年も同様に、

レギュラーとサブの間を行ったり来たりしながら、、、

ポジション争いを活性化させる存在でした。。。

 

2018年は、

モンバエルツ監督のもとでポゼッションサッカーを目指した横浜マリノスの中で、

サイドで幅を作る役割を果たせる選手として評価を高めています。。。

 

U-23日本代表・U-20日本代表でも活躍して、

世代を代表する有望株として注目を集めており、、、

プロ入り3年目ですでに1000万円に到達!!!

 

同世代の中では、

トップクラスに稼いでいますね。。。

 

遠藤渓太のポジションとプレースタイルを解説!!

 

それでは、

遠藤渓太選手のプレースタイルを紹介していきます!!!

 

 

ポジションは、

サイドハーフ・ウイング・ウイングバックです。。。

 

右サイドでもプレーできますが、

左サイドのほうが得意ですね。。。

 

プレーの特徴は、

『ドリブル』に凝縮されています。。。

 

スピードに乗った状態でのドリブルが素晴らしく、

長い距離をドリブルで進めるので、カウンターアタックで推進力をもたらしてくれますし、、、

サイドの敵陣の深い位置にまで進入してくれるので、コーナーキックを獲得したりマイナスに折り返してアシストを期待できます。。。

 

日本人ドリブラーは、

中にスルスルと切れ込んでいくタイプが多いですが、、、

遠藤渓太選手は『縦にも突破できる』ところが特徴ですね。。。

 

サイドに思いっ切り開いた状態でボールを受けて、

相手ディフェンダーとの1対1勝負を仕掛けることが出来るドリブラーは貴重です!!!

 

 

また、

遠藤渓太選手のドリブルは、

相手ディフェンダーの動きが良く見えていることと、、、相手を抜きにかかるタイミングを決めていないので、、、

ディフェンダーがフェイントに引っかからずに対応したと思ったら、もう一度フェイントをかけて抜いてしまうプレーが出来ます!!

 

このドリブルは、

大きな武器だと思いますね!!!

 

 

そして、

遠藤渓太選手は利き足ではない左足でも、ドリブルを仕掛けることが出来るので、、、

持ち足を変えてタイミングをずらすプレーもうまいです!!

 

スピードがあり、オフザボールの動き出しも良いので、

サイドに開いた状態からくの字を描くように曲がってゴール方向にボールを呼び込む『ダイアゴナルラン』からもチャンスを創り出すことが出来ます。。。

 

 

 

課題は、

『シュート精度』でしょう。。。

 

ドリブルで自ら決定機を創り出す一方で、、、

その決定機を決めきれない試合が多いですね。。。

 

元チームメイトで、

元日本代表の中村俊輔選手にも、、、

あとはシュートだけとその課題を指摘されています。。。

 

 

ゴール前で迷いがあるのか、、、

メンタル的に緊張しがちなのか分かりませんが、、、

『シュートのタイミングを逃す傾向が強い』のは課題といえると思います。。。

 

もしも、

シュートが上手くならないのであれば、、、

サイドバック転向も視野に入れる必要があるでしょうね!!!

 

遠藤渓太選手の身体能力であれば、問題なく適応できると思いますし、、、

U-23日本代表では、横浜マリノスでプレーしている2列目から1列下がったウイングバックで起用されていて、

問題なく適応できています!!!

 

ウイングバックのポジションで、

U-23日本代表で定着していく可能性が高いと思いますから、、、

徐々にポジションを下げていくのかもしれませんね。。。

 

 

ただし、

ドリブルのセンスが抜群なだけに、、、

なるべくゴールに近いところでボールに何度も触ることが出来る、

オフェンシブなポジションで起用したいところなので、シュートの課題を解決できるかどうかはサッカーキャリアに影響を及ぼすでしょう。。。

 

というわけで、

遠藤渓太選手のプレースタイルは、

『縦への突破に優れたサイドのドリブラー』とまとめることができるでしょう!!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

横浜F・マリノスでプレーし、

東京オリンピックでの活躍が期待されている遠藤渓太について紹介しましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

同世代では、

間違いなくトップレベルの選手で、

ドリブル突破が魅力の選手です!!!

 

しかし、

シュート精度に課題があることから、、、

今後、ポジション変更の可能性もありますね。。。

 

将来的には、

日本代表入りも十分にありえますから、、、

今後の成長に期待したいです!!!

 

==おすすめ記事==

◆ 奥川雅也は彼女いる?現在の年俸やプレースタイルと海外の反応を解説【動画】

◆ 小池裕太は彼女いる?年俸推移やポジションとプレースタイルを解説!

◆ 豊川雄太は彼女いる?年俸推移やポジションとプレースタイルを解説【動画】

◆ 財前淳は彼女いる?年俸やポジションとプレースタイルを解説【動画】

◆ 中山雄太は彼女いる?年俸推移やポジションとプレースタイルを解説!

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】