山口蛍がヘタレや下手と言われる理由とは?年俸やプレースタイルを解説【動画】

こんにちは。

 

セレッソ大阪に所属し、

日本代表にも選ばれている山口蛍選手!!

 

そんな、

山口蛍選手ですが、インターネット上では、

『ヘタレ』や『下手』とネガティブなことを言われているようです。。。

 

果たして、

山口蛍選手は『ヘタレ』で『下手』なのでしょうか??

 

また、

現在までの年俸推移やプレースタイルに関しても解説いたします!!!

 

スポンサードリンク

 

 

山口蛍のプロフィールを紹介!!

 

名前         山口 蛍(やまぐち ほたる)

生年月日       1990年10月6日

出身地        三重県名張市

身長         173cm

体重         72kg

ポジション      MF (OH, CH)

利き足        右足

 

【所属クラブ】

2009-2015→セレッソ大阪 140試合 11ゴール

2016→ハノーファー96 6試合 0ゴール

2016- セレッソ大阪

 

【日本代表歴】

2013-→日本A代表 40試合 2ゴール

 

 

 

 

山口蛍が『ヘタレ』と言われる理由とは!?

 

山口蛍選手のことを、

インターネット上で検索すると、、、

『ヘタレ』というネガティブなキーワードが浮上してきます。。。

 

なぜ、

山口蛍選手は『ヘタレ』と言われてしまっているのかというと、、、

海外移籍を果たすも、半年でセレッソ大阪へ帰ってきたことが原因なんです。。。

 

 

山口蛍選手は、

2015年にドイツ・ブンデスリーガの『ハノーファー96』に移籍しますが、、、

わずか半年でセレッソ大阪に出戻りしています。。。

 

海外で挫折した理由は、、、

生活面で馴染めずにホームシックになったからと言われていますね。。。

 

山口蛍選手は、

声が小さいことでも有名なので、、、

外国人選手とのコミュニケーション能力に問題があったことも考えられます。。。

 

 

ただ、

山口蛍選手がセレッソ大阪へ復帰した一番の理由は”怪我”です。。。

 

山口蛍選手は、

日本代表のシリア戦で顔面を骨折してしまい、、、

長期離脱を余儀なくされました。。。

 

復帰した時期は、

チームが降格争いの最中で、、、

新加入の山口蛍選手を試すような余裕も無くなってしまっていたのです。。。

 

結局、、、

加入して半年でわずか6試合の出場にとどまり、、、

チームも2部降格となってしまいました。。。

 

 

以上のことから、

山口蛍選手はセレッソ大阪の復帰を決断したわけですね!!

 

なので、

決してホームシックだけがセレッソ大阪復帰の理由ではないですから、

『ヘタレ』だとは思いません。。。

 

プロとして、

最良の決断をしたまでだと思います!!!

 

 

しかし、、、

ハノーファーのフロントからの評価はそれほど悪くなかったようで、

翌年も残留要請があったようです。。。

 

ですが、、、

山口蛍選手はセレッソ大阪への復帰を決断しています。。。

 

本人の人生ですから、

傍から見ても分からない理由があったのでしょうが、、、

山口蛍選手本人のサッカー選手としての成長を考えると、、、

ハノーファーに残っていた方が良かったのではないかなとも思いますね。。。

 

ハリルホジッチ監督も、

『帰国は残念』とコメントしていましたが、、、

個人的にも、ドイツ・ブンデスリーガで活躍する山口蛍選手を見たかったです!!!

 

スポンサードリンク

山口蛍は下手なの??

 

山口蛍選手のことを、

インターネット上で検索すると『下手』というキーワードが浮上してきますが、、、

もちろん、、、

山口蛍選手は下手ではありません!!!

 

日本代表に選ばれ続けている選手ですから、

日本人の中でもトップレベルの選手ですね!!!

 

 

特に、

『ボール奪取能力』『インターセプト能力』に関しては、

Jリーグの中でもナンバーワンなのではないでしょうか??

 

山口蛍選手がいると、

守備面でかなり安心感が出ますから、

日本代表にとっても変えの聞かない選手だと思いますね!!!

 

ただ、

守備面で評価される一方で、

攻撃面では物足りなさを感じているファンも多くいるようです。。。

 

ボランチは、

攻撃のスイッチを入れる役目もあるポジションですが、、、

山口蛍選手は、前線に縦パスを入れてチャンスを演出するシーンがあまりないように思います。。。

 

攻撃面で、

あまり絡まないことから『下手』だと感じる方も多いのかもしれませんね。。。

 

とはいえ、前述した通り、

山口蛍選手はJリーグトップクラスのボランチですから、

決して下手ではありません!!!

 

山口蛍の年俸推移を紹介!!

 

それでは、

山口蛍選手の年俸推移を紹介します!!!

 

2011年→600万円(セレッソ大阪)

2012年→1000万円(セレッソ大阪)

2013年→1800万円(セレッソ大阪)

2014年→3000万円(セレッソ大阪)

2015年→1億3000万円(ハノーファー96)

2016年→4000万円(セレッソ大阪)

2017年→6000万円(セレッソ大阪)

2018年→6500万円(セレッソ大阪)

 

ブンデスリーガ・ハノーファー96に移籍した2015年が、

最高年俸ですね。。。

 

ただし、

半年でハノーファーを退団していますから、、、

1億3000万円満額を貰ったかどうかは怪しいです。。。

 

2018年のJリーグ年俸ランキングでは、

48位タイとなっていますね。。。

 

日本代表選手としては、

少し低い額といえるでしょう。。。

 

山口蛍のプレースタイルを解説!!

 

それでは、

山口蛍選手のプレースタイルを解説していきます!!!

 

 

ポジションは、

ボランチ、インサイドハーフです。。。

 

身体能力の特徴としては、

スピードですね!!

 

とくに、

『ボールを持っている相手に寄せるスピード』『急停止する足腰の強さ』が最大の武器です!!!

 

『急停止できるから早いスピードで寄せることが出来る』と、

言い換えることも出来ますね。。。

 

守備面での特徴はというと、、、

前述した寄せの早さを武器にした『ボール奪取能力』『インターセプト能力』の高さが挙げられます。。。

 

短所としては、

得意のボールホルダーへのアプローチやマークする選手に付いていく意識が強すぎて、、、

中盤のスペースを空けがちです。。。

 

日本代表では、

長谷部誠選手のようなスペース管理能力があるボランチが、

穴を埋めるシーンが多いですね。。。

 

また、

ボランチとしては、

ビルドアップ能力に課題があり、

攻撃のスイッチを入れる縦パスを供給するプレーも少ないですね。。。

 

単純なパスミスで、

決定機を作られるシーンも多いです。。。

 

まず、、、

左右両足でボールを扱うことが大事で

ボールが右から来た時は左足でトラップ。。。

 

左から来た時は、

右足でトラップすることで視野を広く持ってプレーできるのですが、、、

育成年代でこの一連のプレーの流れを癖として育成年代で仕込まれていないようなので、、、

ミスが多く視野が狭くなってしまっているように感じますね。。。

 

 

 

 

山口蛍のプレー動画はこちら!!

 

 

 

 

 

 

ディフェンス力は日本トップレベルですし、

ミドルシュートの精度も高いですね。。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

今回は、

山口蛍選手について紹介してきましたが、

いかがでしたか??

 

山口蛍選手は、

インターネット上でネガティブなことを言われることが多いようですが、、、

日本代表にとって替えの効かない選手です!!!

 

今後も、

セレッソ大阪で活躍し、

日本代表の不動のボランチとして活躍し続けて欲しいですね!!!

 

==関連記事==

◆ 清武弘嗣の嫁や子供はいる?プレーしスタイルや年俸はいくら?【動画】

◆ 宮市亮の現在が悲惨?怪我が多い理由はなぜ?日本代表復帰はある?

◆ 大島僚太の結婚相手の嫁や子供まとめ!年俸やプレースタイルを解説!

◆ 三竿健斗は帰国子女?彼女や結婚の噂とは?プレースタイルや年俸を解説!

◆ 遠藤航の嫁や子供まとめ!年俸やポジションとプレースタイルを解説【動画】

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 コパアメリカ2019の地上波放送予定 女子ワールドカップ2019の地上波テレビ放送予定 サッカー見るならDAZNがおすすめ! サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】