加藤恒平の現在の年俸推移やポジションとプレースタイルを解説【動画】

今回は、

長く海外リーグでプレーしている加藤恒平選手について紹介します!!

 

加藤恒平選手は、

『モンテネグロ』『ポーランド』『ブルガリア』などの海外リーグで長く活躍しており、

2017年5月25日には日本代表にも選ばれた経験がありますね。。

 

日本人サッカー選手としては珍しいキャリアを築いていますし、

今後の活躍にも注目が集まる選手でもあります!!

 

この記事では、

そんな加藤恒平選手の現在の年俸推移やポジションとプレースタイルについて解説いたします!!

 

スポンサードリンク

 

加藤恒平のプロフィールを紹介

 

名前        加藤 恒平(かとう こうへい)

生年月日      1989年6月14日

出身地       和歌山県新宮市

身長        173cm

体重        70kg

ポジション     MF

利き足       右足

 

 

2012 → FC町田ゼルビア 29試合 0ゴール

2013-2015 → FKルダル・プリェヴリャ 61試合 8ゴール

2015-2016 → TSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ 35試合 1ゴール

2016-2018 → PFCベロエ・スタラ・ザゴラ 39試合 1ゴール

2018- → サガン鳥栖 1試合 0ゴール

2019 → ヴィジェフ・ウッチ 11試合 0ゴール

2019-2020 → セント・ジョセフスFC 

2020-  → FKイスクラ・ダニロヴグラード

 

加藤恒平の現在までの経歴と成績を紹介

 

2018年から、

Jリーグの『サガン鳥栖』に所属している加藤恒平選手!!

 

 

2017年には、

出場機会はなかったものの、

日本代表に選ばれた実績もありますね!!

 

 

そんな、

加藤恒平選手は千葉県立生浜高校出身で、

ジェフユナイテッド千葉のジュニアユースに所属していたそうです!!

 

ジェフユナイテッド千葉U-18で活躍していたそうで、

当時から、プロサッカー選手を目指していたようですね!!!

 

 

しかし、

高校卒業後に、プロ入りすることはできず、

立命館大学へ進学しています!!

 

大学時代から、

アルゼンチンへ渡って入団テストを受けており、

当時から、海外にも視野を向けていたようですね。。。

 

大学卒業後は、

町田ゼルビアに入団!!

 

町田ゼルビア時代は、

29試合に出場するも、チームはJFLに降格してしまいます。。。

 

チームがJFLに降格したことをキッカケに、

モンテネグロ1部リーグ『FKルダル・プリェヴリャ』へ移籍!!!

 

『FKルダル・プリェヴリャ』では、

2シーズンプレーしており、チームの中心選手として活躍しました!!

 

2シーズンで『61試合 8ゴール』と結果を残して、

2014-15シーズンにはリーグベストイレブンに選ばれて1部リーグ優勝に大きく貢献していますね!!

 

 

その後、

ポーランドリーグ『TSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ』へ移籍して、

1シーズン在籍して『35試合 1ゴール』と結果を残します!!

 

そして、

2016年6月に、ブルガリアリーグの『PFCベロエ・スタラ・ザゴラ』へ移籍し、

『39試合 1ゴール』と結果を残しました!!

 

ブルガリアリーグでの活躍が評価され、

2017年5月25日にはハリルホジッチ監督率いる日本代表に初選出されましたね!!

 

 

そして、

2018年3月27日に、

Jリーグの『サガン鳥栖』へ移籍しています!!

 

 

サガン鳥栖では、

思ったような活躍ができず、

2019年にはポーランド3部の『ヴィジェフ・ウッチ』に入団し、

2019年10月からはジブラルタル1部の『セント・ジョセフスFC』へ入団しています!!

 

そして、

2020年2月にはモンテネグロ1部の『FKイスクラ・ダニロヴグラード』へ入団しています!!

 

スポンサードリンク

 

加藤恒平の年俸推移を紹介

 

海外を渡り歩いてきた加藤恒平選手の年俸推移は、

以下になります!!

 

2012年(町田ゼルビア) → 400万円

2013年(FKルダル・プリェヴリャ) → 600万円

2014年(FKルダル・プリェヴリャ) → 600万円

2015年(TSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ) → 700万円

2016年(PFCベロエ・スタラ・ザゴラ) → 700万円

2017年(PFCベロエ・スタラ・ザゴラ) → 1500万円

2018年(サガン鳥栖) → 2000万円

 

確実に、

ステップアップしていますね!!

 

そして、

Jリーグから海外リーグへ移籍し、

ステップアップして再びJリーグに戻ってくるというのは、非常に珍しいケースのように感じますね!!

 

 

また、

ブルガリアのプロリーグは、

お世辞にも、レベルの高いリーグとは言えません。

 

ヨーロッパのサッカーリーグですし、

フィジカルコンタクトの部分ではJリーグよりも勝るとは思いますが、

リーグレベルに関しては、Jリーグとそこまで変わらないと思います。。

 

むしろ、

技術的には、

Jリーグの方が高いかもしれませんね!!

 

 

そんな中で、

ブルガリアでプレーしていた加藤恒平選手が、2017年に日本代表に選出されたことに対して、

サッカーファンはかなり驚いたと思います!!!

 

 

そもそも、

加藤恒平というサッカー選手のことを、

知らなかった人も多いと思いますからね。。

 

ブルガリアリーグでは、

最高で1500万円の年俸をもらっていましたが、

海外組の選手と比べると、やはりかなり安いです。。

 

ちなみに、

他のヨーロッパ組の日本代表選手は、以下になります。(2017年時点)

 

・香川真司 → 5億4000万円

・本田圭佑 → 7億7000万円

・岡崎慎司 → 4億円

・吉田麻也 → 3億9000万円

・長友佑都 → 5億2000万円

 

国内組も、

かなりもらっていますね。(2017年時点)

 

・山口蛍(セレッソ大阪) → 3000万円

・森重真人(FC東京) → 6000万円

・西川周作(浦和レッズ) → 8000万円

 

2017年時点の日本代表選手の中でも、

加藤恒平選手のブルガリア時代の年俸は低いですね。。

 

 

しかも、

加藤恒平選手はブルガリアで、

家賃5万円の一般的なアパートに住み自炊していたそうですね!!

 

恋人もいないそうですし、

体のために、お酒も一滴も飲まないそうです!!!

 

同級生曰く、

学生の頃から炭酸水しか飲まなかったそうですからね!!!

 

それだけストイックな生活をしていても、

Jリーグでは活躍できず、ヨーロッパでプレーしていたようです。。。

 

 

これだけの苦労人が、

ブルガリアで成功し、日本代表に選ばれ、

2018年から『サガン鳥栖』でフェルナンド・トーレス選手とプレーするなんて、夢がありますよね!!!

 

 

これをキッカケに、Jリーグで活躍して、

再び日本代表に呼ばれるよう頑張ってほしいです!!

 

加藤恒平のポジションやプレースタイルを解説

 

それでは、

加藤恒平選手のプレースタイルを解説いたします!!

 

 

加藤恒平のポジションは、

ボランチです!!!

 

 

最大の特徴は、

『豊富な運動量』『フィジカルの強さ』ですね!!

 

球際では、

『デュエル』することができ、1対1のディフェンスは強いです!!!

 

フィジカルと球際の強さから、

ハリルホジッチ監督率いる日本代表にも呼ばれていますね!!

 

 

また、

守備的なボランチでありながら、

前にパスを出すこともできます!!

 

 

ただ、

弱点は『スピード』ですね。。

 

球際は強いですが、

スピードがないのが少しネックです。

 

 

そんな、

加藤恒平選手は、過去の日本代表選手でいうと、

細貝萌選手山口蛍選手にプレースタイルが似ていますね!!

 

 

 

特に、

細貝萌選手に非常に似たプレースタイルだと思います!!

 

ということで、

加藤恒平選手のプレースタイルは『運動量豊富でフィジカルが強い守備的なボランチ』とまとめることができるでしょう!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

加藤恒平選手は、

長らく『モンテネグロ』『ポーランド』『ブルガリア』といった海外リーグでプレーしており、

珍しいキャリアを持つサッカー選手です!!

 

フィジカルが強く、

2017年には日本代表に呼ばれた経験もありますね!!

 

2018年には、

サガン鳥栖でプレーしていた時期がありますが、

2019年からは再び海外リーグでプレーしています!!

 

海外リーグで結果を出すことができれば、

再び、日本代表に呼ばれる可能性もありますので、

世界の舞台での活躍に期待したいですね!!

 

【関連記事】

>> サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強のサイドバックランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強の守備的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強の攻撃的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強のフォワードランキング【TOP10】

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 

Jリーグ移籍情報2019

 

Jリーグ 歴代大物助っ人外国人

 

Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】

 

サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】

  

サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】