ヴィッセル神戸の勝てない理由はなぜ?補強の噂や資金源を調査!

2017年に、

元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ選手が加入し、

2018年には、

元スペイン代表で『バルセロナ』でも長く活躍してきたアンドレス・イニエスタ選手が加入した『ヴィッセル神戸』!!

 

2019年には、

元スペイン代表のストライカーであるダビド・ビジャ選手が加入し、

その他にも日本代表の山口蛍選手や西大伍選手など実績ある素晴らしい選手が加入していて、

超豪華メンバーが揃っていますよね。。。

 

しかし、

資金力を生かして、素晴らしい実績ある選手を加入させてはいるものの、、、

一方で勝てないジレンマにも陥っている印象があります。。。

 

この記事では、

『ヴィッセル神戸』がなぜ勝てないのか??

 

また、

今後の補強の噂や資金源についても迫りたいと思います!!

 

・ヴィッセル神戸が勝てない理由について語ります。

・ヴィッセル神戸の資金源を紹介します。

・ヴィッセル神戸の補強の噂について紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ヴィッセル神戸の勝てない理由はなぜ??

 

『ヴィッセル神戸』は、

海外のスーパースターが多く加入しているチームです!!

 

特に注目が集まっているのが、

以下の3人ですね!!

 

アンドレス・イニエスタ選手

 

ダビド・ビジャ選手

 

ルーカス・ポドルスキ選手

 

ワールドカップ優勝経験のある選手が3選手もいるのは、

アジアのサッカーチームでも『ヴィッセル神戸』だけでしょう。。。

 

世界的に見ても、

素晴らしい実績のある選手が集まっているわけですが、、、

残念ながら勝ち星からは見放されているのが現状で、優勝争いもできていません。。。

 

そんな、

ヴィッセル神戸が勝てない理由は、

投資の目的が『今、勝つことよりも、長期的に強いチームになっていくことや、収入を増やしていくことにある』からだと考えます。。

 

 

実際に、

育成年代への投資は大きく、

10年後、20年後には大きな成果が出るでしょう。。。

 

また、

選手としてのコストパフォーマンスは悪いですが、、、

世界的なビッグネームのを連れてきて、新たな客層を神戸のファンにしているところも、、、

長期的に見れば『大きな投資』だと言えます。。。

 

一方で、

トップチームの監督人事は短期的に判断しています。。。

 

1997 → スチュアート・バクスター

1998 → ベニート・フローロ、郡晴己

1999 → 川勝良一

2000 → 川勝良一

2001 → 川勝良一

2002 → 川勝良一、松田浩

2003 → 副島博志

2004 → ハシェック、松山博明、加藤寛

2005 → 松永英機、パベル・ジェハーク、エメルソン・レオン、和田昌裕

2006 → スチュアート・バクスター、松田 浩

2007 → 松田浩

2008 → 松田浩

2009 → カイオ・ジュニオール、和田昌裕、三浦俊也

2010 → 三浦俊也、和田昌裕

2011 → 和田昌裕

2012 → 和田昌裕、安達亮、西野朗

2013 → 安達亮

2014 → 安達亮

2015 → ネルシーニョ

2016 → ネルシーニョ、吉田孝行

2017 → 吉田孝行

2018 → フアン・マヌエル・リージョ、吉田孝行

2019 → トルステン・フィンク

 

『ヴィッセル神戸』は、毎年のように監督を変えて、

毎年のようにチームの方向性が変わってしまっています。。。

 

イニエスタ選手を連れて来た際には『バルサ化』をキーワードに掲げましたが、、、

現在はバルセロナのサッカーの跡形もないような全く別のサッカーをしています。。。

 

 

ヴィッセル神戸にお金があったと言っても、

『レアル・マドリード』『バルセロナ』に対しての他のチームとの差と比べると、Jリーグの資金面での差なんてわずかなものなので、、、

『資金力よりも、継続性や気持ちで勝ててしまう』という部分もありますね。。。

 

個人的に、

『ヴィッセル神戸』は資金力を一番の武器にして、札束で殴るサッカーを継続していけば、、、

そのうち、結果に対してもビッククラブになれると思います。。。

 

というわけで、

今の『ヴィッセル神戸』が勝てていない理由は、

『簡単に監督を変えすぎていて、継続性が無い事』にあります。。。

 

ただ、

ユース年代では継続的にチームを強化しているので、

将来的には強くなる可能性は十分にあるでしょう。。。

 

現在は、

資金力を生かして有名な選手を呼び、ヴィッセル神戸のファンを増やしつつ、、、

育成世代にもお金を使っていることから、10年後、20年後の『ヴィッセル神戸』の活躍に大きな期待がかかります!!

 

スポンサードリンク

 

ヴィッセル神戸の補強の噂や資金源を調査!!

 

2018年に、

『ヴィッセル神戸』のチーム人件費は【45億円】でJリーグ1位となり、

『浦和レッズ』『鹿島アントラーズ』『名古屋グランパス』【30億円】程度で2番手を大きく引き離しています。。。

 

『Jクラブ個別経営情報開示資料(平成30年度)』によると、

収入は『100億円』でそのうち『60億円』がスポンサー収入となっていて、、、

2番目にスポンサー収入が多い『名古屋グランパス』の倍となっています。。。

 

Jクラブ個別経営情報開示資料(平成30年度)はこちら

 

このことから、

スポンサー収入が多い理由は『事実上の親会社となっている楽天からの投資が大きいから』ですね。。。

 

 

補強の噂としてあがっているのは、

以下の有名選手たちです。。。

 

マルティンカセレス選手(イタリア・ユベントス)

岡崎慎司選手(元日本代表)

川島永嗣選手(元日本代表)

香川真司選手(元日本代表)

酒井高徳選手(元日本代表)

 

また、

Jリーグとの提携の関係で、

外国人枠の対象にならないカタール代表の左センターバックと左サイドのアタッカーがリストに入っているそうです。。。

 

今シーズンは、

外国人枠が埋まっているために、

日本代表の海外組のビッグネームを獲得するのではと噂になっていますね!!!

 

個人的には、

『ポドルスキ選手がドイツに帰国する』という噂もあるので、

代わりに本田圭佑選手が入ってくると面白いと思います。。。

 

完全な噂ですが、、、

マンチェスターシティの”ダビド・シルバ選手”がヴィッセル神戸に移籍するという報道も出ていますね。。。

 

 

まだまだヨーロッパのトップレベルでできるプレイヤーなので、Jリーグに来るというのは想像できませんが、

ダビド・シルバ選手は、母親が日本人で日本とスペインのハーフです。。。

 

今すぐ来る可能性は低いですが、、、

将来的にJリーグへ来る可能性が全くないとは言い切れないですね。。。

 

それに、

元スペイン代表である『ダビド・ビジャ』『アンドレス・イニエスタ』『フェルナンド・トーレス』がJリーグで活躍したことも後押しになるでしょう。。。

 

 

さらに言うと、

ダビド・シルバ選手は、日本とスペインのハーフですし、

世界的なビッグネームでもあるので、特別に外国人枠から外しても良いのではないでしょうか??

 

岡崎慎司選手は、

地元の滝川第二高校出身ですし、

香川真司選手も兵庫県出身ということで狙い目の選手ですね。。。

 

来年の夏には、

三木谷会長の友達であるバルセロナの『ピケ選手』が来るという噂もありますね。。。

 

ヴィッセル神戸の今後の補強に関しても、

目が離せません!!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

『ヴィッセル神戸』について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

『ヴィッセル神戸』は、

世界で活躍してきたスーパースターを獲得していますが、、、

Jリーグで優勝争いをすることができていません。。。

 

ただ、

育成世代にも投資をしていますから、、、

今後の躍進に期待したいですね!!

 

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】