ルイススアレスの歴代背番号まとめ!年俸やプレースタイルを解説【動画】

今回は、

スペイン・リーガエスパニョーラのビッグクラブ『バルセロナ』でプレーし、

ウルグアイ代表にも選ばれているルイス・スアレス選手について紹介します!!

 

ルイス・スアレス選手は、

『バルセロナ』の中心選手として活躍しており、

ウルグアイ代表では2010年、2014年、2018年と3大会連続でワールドカップに出場していますね!!

 

また、

得点能力が非常に高く、

エールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラと3つのリーグで得点王に輝いている選手でもあります!!

 

この記事では、

そんなルイス・スアレス選手の年俸やポジションとプレースタイルについて解説いたします!!

 

また、

ルイス・スアレス選手の歴代背番号や噛みつきの過去についても紹介しましたので、

ルイス・スアレス選手について知りたい方は、ぜひ、読んでみてください!!!

 

ルイス・スアレスのプロフィールを紹介

 

名前      ルイス・アルベルト・スアレス・ディアス

生年月日    1987年1月24日

出身地     ウルグアイ・サルト

身長      182cm

体重      85kg

ポジション   FW (CF/RWG/LWG)

利き足     右足

>> ルイス・スアレス選手のインスタグラムはこちら

>> ルイス・スアレス選手のツイッターはこちら

 

 

2005-2006 → ナシオナル・モンテビデオ 27試合 10ゴール

2006-2007 → フローニンゲン 29試合 10ゴール

2007-2011→ アヤックス 110試合 81ゴール

2011-2014→ リヴァプール 110試合 69ゴール

2014-→ バルセロナ 163試合 131ゴール

 

2006-2007→ ウルグアイU-20 4試合 2ゴール

2012→ ウルグアイU-23 3試合 3ゴール

2007-→ ウルグアイ 108試合 57ゴール

 

ルイス・スアレスの歴代背番号まとめ

 

ルイス・スアレス選手の歴代背番号は、

以下の通りです!

 

フローニンゲン → 20番

アヤックス → 16番

リヴァプール → 7番

バルセロナ → 9番

 

ルイス・スアレス選手は、

2005-06シーズンからウルグアイのリーグ『ナシオナル・モンテビデオ』でプロデビューしていますが、

背番号は不明でした。。

 

 

その後、

2006-07シーズンからフローニンゲンに移籍しており、

背番号20番をつけています!!

 

2007年からは、

アヤックスに所属しており、

背番号は16番をつけていますね!!

 

 

アヤックスでは、

得点王に輝く活躍をしており、

オランダリーグではトップレベルのストライカーへと成長しました!!

 

アヤックスでの活躍が評価され、

イングランド・プレミアリーグのビッグクラブ『リヴァプールFC』へ移籍しており、

背番号は7番を背負っていますね!!

 

 

『リヴァプールFC』でも、

得点王に輝く活躍をして2014年から『FCバルセロナ』へ移籍しています!!

 

『FCバルセロナ』では、

背番号9番をつけていますね!!

 

 

 

背番号9番をつけてプレーしていますが、

メッシ選手との素晴らしいコンビネーションで得点を量産しています!!

 

一時期は、

ネイマール選手、メッシ選手、スアレス選手の圧倒的な攻撃陣が『MSN』と称され愛されていました!!

 

 

現在も、

バルセロナへの忠誠を誓っていますので、

今後もバルセロナの不動のストライカーとして得点を量産してほしいですね!!

 

 

また、

ルイス・スアレス選手のウルグアイ代表での背番号は9番です!!

 

 

ウルグアイ代表では、

長らく9番を背負っており、

エースストライカーとして活躍していますね!!

 

ルイス・スアレスの年俸を紹介

 

ルイス・スアレス選手のバルセロナFCでの年俸は、

約20億8000万円です!!!

 

 

噛みつき癖があるにもかかわらず、

ルイス・スアレス選手のイメージは意外と良くて、

愛されキャラなのでコマーシャルなど副収入も多いことが想像できますね。。。

 

 

ちなみに、

バルセロナでいちばん年俸が高いのはメッシ選手でなんと135億円です!!

 

 

バルセロナで得点数でも大きく開きがあるわけでもない二人ですが、

年俸的には6倍の違いがあるのは、メッシ選手が貰いすぎなのか、ルイス・スアレス選手が過小評価されているのか、解釈に困りますね。。。

 

ただ、

メッシ選手と比べなければ、

ルイス・スアレス選手も凄い金額の年俸を貰っているので、

仲良しの二人ですから、お金の問題でチームと揉めないことを祈りたいですね。。。

 

ルイス・スアレスのポジションやプレースタイルを解説【動画】

 

それでは、

ルイス・スアレス選手のプレースタイルを解説いたします!

 

 

まず、

ルイス・スアレス選手のポジションはフォワードです!!

 

プレーエリアが広く、

運動量豊富でとにかく得点を求めて動き続けるのが特徴ですね!!!

 

とくに、

ディフェンスラインの裏のスペースは常に狙っていて、

味方がボールを奪った瞬間に、裏のスペースへ動き出すスキルは凄いものがあります!!

 

一瞬で得点を決めてしまう、

狡猾で抜け目のない一面を持ち合わせていますね!!

 

 

そして、

このスアレス選手の裏への絶え間ない動き出しは、

ディフェンスラインを押し下げる効果があり、スアレス選手を警戒した結果、メッシ選手にスペースを提供できています!!

 

また、

『逆にメッシ選手を警戒しているすきをついて、スアレス選手が裏のスペースへ飛び出す』というトレードオフな状態を作り出すことが出来るので、

スアレス選手とメッシ選手は相互補完的に機能している二人といえますね。。。

 

さらに、

ボディバランスに優れていて、体勢が崩れた状態からのシュートや、

競り合いながらのドリブルなどでもバランスを持ちこたえてプレーできます!!

 

というわけで、

ルイス・スアレス選手のプレースタイルは『豊富な裏のスペースへの運動量とボディバランスに優れたムービングストライカー』とまとめることが出来るでしょう!!!

 

ルイス・スアレスのプレー動画を紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルイス・スアレスの噛みつき理由や回数は何回??

 

ルイス・スアレス選手といえば、

『相手にかみついたことがある』ことで有名です!!

 

 

『相手に口論する』という意味でかみついたということではなく、

実際に歯で噛みついたことがあるのです!!!

 

 

相手にかみつく理由は、

熱くなって我をわすれてしまうのですが、

我を忘れたとしても噛みつく選手は居ないので、

スアレス選手の噛みつき癖の原因を究明した結果として『精神的な病気』と診断されています。。。

 

カウンセリングも受けたようで、

現在は噛みつき癖は落ち着いていますね。。。

 

 

スアレス選手の噛みついた回数は、

実際に確認されているのは3回で噂では8回です。。。

 

確認されているところでは、

アヤックス時代、リバプール時代、ブラジルワールドカップのイタリア戦3回ですが、

『ウルグアイのサッカー協会によって隠蔽された若手時代の噛みつき事件が5回ある』と、イギリスのタブロイド紙「デイリースター」は伝えていますね。。。

 

まあ、

デイリースターの信ぴょう性も大概のものですが、

スアレス選手なら若手時代に噛みついていても全く不思議ではないので、似たような事件は起こしているだろうと思います。。。

 

まとめ

 

ルイス・スアレス選手の歴代背番号は以下の通りです。。

 

フローニンゲン → 20番

アヤックス → 16番

リヴァプール → 7番

バルセロナ → 9番

 

ルイス・スアレス選手は、

ウルグアイ代表では2010年、2014年、2018年と3大会連続でワールドカップに出場しており、

エールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラと3つのリーグで得点王に輝いている選手でもありますから、間違いなく世界トップレベルのストライカーですね!!

 

現在は、

『バルセロナ』でプレーしていますが、

メッシ選手とのコンビネーションも素晴らしいですから、

今後の活躍にも期待したいです!!

 

【関連記事】

>> サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強のサイドバックランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強の守備的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強の攻撃的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強のフォワードランキング【TOP10】

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 

Jリーグ移籍情報2019

 

Jリーグ 歴代大物助っ人外国人

 

Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】

 

サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】

  

サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】