サッカー日本代表歴代の背番号『10番』と『キャプテン』を紹介!

こんにちは。

 

FIFAワールドカップには6度出場しており、、、

2002年の『日韓ワールドカップ』2010年の『南アフリカワールドカップ』2018年の『ロシアワールドカップ』でベスト16進出を果たしているサッカー日本代表!!

 

ワールドカップでの最高成績は『ベスト16』であり、、、

『AFCアジアカップ』では最多となる4度の優勝を達成しています!!!

 

これらの成績から、

アジアではトップレベルのサッカー王国となっていますね!!

 

今回は、

そんなアジア最高峰のサッカー王国『日本』の歴代の背番号『10番』やキャプテンを紹介していきます!!!

 

スポンサードリンク

 

サッカー日本代表の歴代の『10番』を紹介!

 

それでは、

サッカー日本代表の歴代の10番を紹介していきます!!!

 

背番号『10番』を身につけた日本代表選手はこちら!!

 

2019年 → 乾貴士

2018年 → 中島翔哉

2017年 → 森岡亮太

2015年 → 興梠慎三

【2011年~2018年 → 香川真司】

2008年 → 山瀬功治

【2003年~2010年 → 中村俊輔】

2002年 → 中山雅史

2001年 → 三浦淳宏

【1995年~2000年 → 名波浩】

1995年 → 岩本輝雄

【1990年~1994年 → ラモス瑠偉】

1988年~1990年 → 大榎克己

【1983年~1987年 → 木村和司】

 

長期間、

背番号『10番』を着けた選手は、

『木村和司選手』『ラモス瑠偉選手』『名波浩選手』『中村俊輔選手』『香川真司選手』です!!

 

木村和司

 

ラモス瑠偉

Embed from Getty Images

 

名波浩

Embed from Getty Images

 

中村俊輔

Embed from Getty Images

 

香川真司

Embed from Getty Images

 

どの選手も攻撃的ミッドフィールダーで、

『技術的に上手いパサータイプの選手』が背番号『10番』を着用しているのが特徴といえるでしょう!!!

 

そして、

ワールドカップで10番を背負った選手はというと、、、

フランスワールドカップ(1998年) → 名波浩

日韓ワールドカップ(2002年) → 中山雅史

ドイツワールドカップ(2006年) → 中村俊輔

南アフリカワールドカップ(2010年) → 中村俊輔

ブラジルワールドカップ(2014年) → 香川真司

ロシアワールドカップ(2018年) → 香川真司

となっています。。。

 

香川真司選手は、

史上初の3大会連続で背番号『10番』の可能性がありますね!!

 

中村俊輔選手は、

日韓ワールドカップで直前まで10番だったので、、、

3大会連続までわずかに届かなかったです。。。

 

スポンサードリンク

 

サッカー日本代表の歴代の『キャプテン』を紹介!!

 

それでは、

サッカー日本代表の歴代キャプテンを紹介していきます!!!

 

サッカー日本代表の歴代キャプテンは、

2018年- → 吉田麻也

2010年~2018年 → 長谷部誠

2010年 → 本田圭佑

2008年~2010年 → 中澤佑二

2006年~2008年 → 川口能活

2004年~2006年 → 宮本恒靖

2002年~2004年 → 中田英寿

2000年~2002年 → 森岡隆三

1996年~1999年 → 井原正巳

1991年~1995年 → 柱谷哲二

1989年~1990年 → 松永茂立

1987年~1988年 → 加藤久

1986年~1987年 → 木村和司

1982年~1984年 → 田口光久

1980年~1981年 → 前田英樹

1978年~1980年 → 落合弘

1978年 → 藤島信雄

1975年~1978年 → 釜本邦茂

1970年~1975年 → 小城得達

1968年~1969年 → 八重樫生

このようになっています。。。

 

長期間にわたってキャプテンマークを着けていた選手は、

『釜本邦茂選手』『柱谷哲二選手』『井原正巳選手』『長谷部誠選手』となっています!!

 

釜本邦茂

Embed from Getty Images

 

柱谷哲二

Embed from Getty Images

 

井原正巳

Embed from Getty Images

 

長谷部誠

Embed from Getty Images

 

ちなみに、

背番号『10番』でキャプテンだったのは木村和司選手ただ一人ですね!!

 

そして、

ワールドカップでキャプテンを任された選手はというと、、、

フランスワールドカップ(1998年) → 井原正巳

日韓ワールドカップ(2002年) → 森岡隆三(怪我によりゲームキャプテン宮本恒靖)

ドイツワールドカップ(2006年) → 宮本恒靖

南アフリカワールドカップ(2010年) → 長谷部誠

ブラジルワールドカップ(2014年) → 長谷部誠

ロシアワールドカップ(2018年) → 長谷部誠

となっています!!

 

2大会連続でキャプテンを務めた選手はいませんから、、、

3大会連続長谷部誠選手がキャプテンを務めているのが、、、

いかに凄いことかこうしてみると分かりますね。。。

 

世界的にも、

ワールドカップ3大会連続キャプテンは少ないと思います。。。

 

そんな、

偉大な長谷部誠選手からキャプテンを託された吉田麻也選手には、

今後、

長く日本代表を牽引し続けてほしいですね!!!

 

Embed from Getty Images

 

まとめ

 

今回は、

サッカー日本代表歴代の背番号『10番』と『キャプテン』について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

背番号『10番』を長く身につけていたのは、

香川真司選手と中村俊輔選手でしたね!!

 

香川真司選手は、

年齢的にもまだまだ日本代表でプレーできると思いますから、、、

若手に負けずにこれからも活躍してほしい選手です!!

 

また、

キャプテンに関しては、

長谷部誠選手が圧倒的に長くキャプテンを務めていました!!

 

長谷部誠選手の偉大さがわかりますね!!

 

今後は、

偉大なキャプテンである長谷部誠選手の背中を見続けてきた、

新キャプテンである吉田麻也選手の活躍に期待がかかります!!!

 

スポンサードリンク

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 サッカー見るならDAZNがおすすめ! Jリーグ 移籍情報 2019 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】 サッカー日本代表を担う期待の若手有望株【10選】