ネイマールの年俸やポジションとプレースタイルの凄さを解説【演技力も抜群】

今回は、

ブラジル代表のネイマール選手について紹介します!!

 

ネイマール選手は、

ブラジル代表の絶対的エースで、

現在はフランス・リーグアンのビッグクラブ『パリ・サンジェルマン』でプレーしていますね!!

 

以前は、

スペイン・リーガエスパニョーラのビッグクラブ『バルセロナ』でプレーしており、

世界トップレベルの選手で、バロンドール候補に選ばれることも多いです!!

 

この記事では、

そんなネイマール選手のの年俸やポジションとプレースタイルについて解説いたします!!

 

スポンサードリンク

 

ネイマールのプロフィールを紹介

 

名前      ネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール

生年月日    1992年2月5日

出身地     ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス

身長      175cm

体重      68kg

ポジション   FW、WG、OMF

利き足     右足

>> ネイマール選手のインスタグラムはこちら

>> ネイマール選手のツイッターはこちら

 

 

2007-2013 → サントス 103試合 54ゴール

2013-2017 → バルセロナ 123試合 68ゴール

2017- → パリ・サンジェルマン 52試合 47ゴール

 

2009 → ブラジルU-17 3試合 1ゴール

2011 → ブラジルU-20 7試合 9ゴール

2012 → ブラジルU-23 7試合 4ゴール

2010- → ブラジルA代表 97試合 60ゴール

 

ネイマールの年俸を紹介

 

ネイマール選手は、

『290億円』と世界最高金額で『FCバルセロナ』から『パリ・サンジェルマン』へ移籍しました!!

 

 

パリ・サンジェルマンでは、

移籍して1年目から公式戦『30試合 28ゴール』を記録しています!!

 

その後も、

得点を量産しており、

パリ・サンジェルマンの絶対的エースとして活躍していますね!!

 

 

そんな、

ネイマール選手のパリ・サンジェルマンでの年俸は『3680万ユーロ(約49億円)』だと言われています。。

 

『月給300万ユーロ(約4億円)』以上を受け取っており、

日給にすると『10万ユーロ(約1300万円)』で、時給にすると『4000ユーロ(約54万円)』となります。。

 

また、

移籍金は当時の史上最高額である『2億2200万ユーロ(約290億円)』となりますね。。

 

スポンサードリンク

 

ネイマールのポジションやプレースタイルの凄さを解説【動画】

 

それでは、

ネイマール選手のプレースタイルを紹介していきます!!!

 

 

ポジションは、

左ウイングです!!

 

『トップ下』でも『右サイド』でもプレーできますが、

『左サイド』に配置されることが多いですね!!

 

左サイドに張っているというよりは、

内側のハーフスペースでボールを受けてからのカットインドリブルで、ペナルティーボックスに侵入してファウルを誘ったり、シュートを狙ったり、

ラストパスを供給するプレーが十八番です!!

 

 

トリッキーなフェイントを織り交ぜたドリブルが得意で、小学生までフットサルでプレーしていたことから、

足の裏を使ったテクニックや狭いスペースでのプレーを得意とするところが、コンパクト化する現代サッカーの流れの中で、ネイマール選手が特別な才能を発揮できる理由の一つといえるでしょう!!

 

『ドリブル』『テクニック』『パス精度』『シュート精度』全てが一級品で、

さらに、フリーキックの精度も高いですね!!

 

また、

トリッキな動きは見る者を魅了しますから、

ただ上手いだけでなく、人を惹きつける力もあります!!

 

ネイマールのプレー動画集を紹介

 

 

 

 

 

 

ネイマールは演技力も抜群だけどパフォーマンスには賛否!?

 

ネイマール選手のプレースタイルには、

実は、賛否両論があるようなんですよね。。。

 

そんな、

ネイマール選手は、

ファウルを誘うドリブルが得意です!!

 

 

ファウルを受けた後の過剰な痛がり方や、

足がリプレイで見ると掛かっていないのに倒れること(シミュレーション)が多く、PK奪取回数が多いですね。。。

 

ただ、

その際のパフォーマンスが過剰であることも批判を大きくしている要因です。。。

 

ロシアワールドカップでは、

ビデオアシスタントレフェリー制度が導入されたことで、ネイマール選手が獲得したPKが取り消しになるなど、

すっかり審判を欺くダーティなプレーヤーとしてのイメージがついてしまったように思います。。。

 

テクニックがあってこそできる芸当なので、

個人的には好きなのですが、一般人受けはしないでしょうし、

『あまり子供にはまねしてほしくない』という意見も理解できますね。。。

 

 

ただし、

ネイマール選手は、

ドリブル時に相手の重心の逆を取る際は『無意識の状態』とコメントしていた通り、

タックルに来た選手をジャンプして交わすことで『怪我のリスクを避ける』というプレーも無意識に染みついているんだと思います。

 

小さい頃からエースとして相手選手から削られることも多かったでしょうし、

自分の身を守る手段として、勝手に体が動いてシミュレーションしてしまうという部分はあると思いますね。。。

 

 

個人的には、

シミュレーション自体はサッカーするうえで相手選手との駆け引きの中で起こることなので、

結果として足がかかっていないならすぐに立ち上がれば何も問題ないと思います。。。

 

ネイマール選手の場合は、

転がったり痛がり方が過剰なので批判の対象になってしまいますが、

この点は個人的にも全く支持できないですね。。。

 

ネイマール選手の痛がり方は、

かなり話題となっており、動画にあげられています。。。

 

 

ネイマール選手のドリブルとシュートは世界トップレベルなので、

『倒れないでプレーしたほうが相手にとっては怖いのでは??』と思いますし、メッシ選手はファウルされても得点のチャンスがあればプレーをやめないので、

バルセロナ時代にチームメイトでしたから、この姿勢でプレーするとさらに上のレベルの選手となっていくでしょう!!

 

ロシアワールドカップで受けた批判をプラスにしてもらいたいですね。。。

 

また、

過去には削られることが多いことから、

イライラしてしまう場面も多かったです。。

 

こういったプレーも、

できるだけ減らしていきたいですね。。。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

ネイマール選手は、

ロシアワールドカップでシミュレーションを取られるなどして、プレースタイルに賛否がありましたが、

それでも世界最高峰の選手であることに変わりはないですから、今後は、シミュレーションはあまり狙わずにプレーしてほしいです!!!

 

これからも、

ドリブル突破を武器に、

世界の舞台で活躍し続けてほしいですね!!

 

世界で5本の指に入る選手なので、

バロンドールも獲得してほしいところです!!

 

【関連記事】

>> サッカー日本代表歴代最強のセンターバックランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強のサイドバックランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強の守備的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強の攻撃的ミッドフィルダーランキング【TOP10】

>> サッカー日本代表歴代最強のフォワードランキング【TOP10】

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 

Jリーグ移籍情報2019

 

Jリーグ 歴代大物助っ人外国人

 

Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】

 

サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】

  

サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】