那須大亮に嫁や子供はいる?年俸推移やプレースタイルを解説【動画】

今回は、

長くJリーグでプレーしているディフェンダーの那須大亮選手について紹介していきます!!

 

那須大亮選手は、

『横浜F・マリノス』『東京ヴェルディ』『ジュビロ磐田』『柏レイソル』『浦和レッズ』『ヴィッセル神戸』など、

様々なクラブでプレーしており、30代後半になった今でも現役でプレーしています!!

 

この記事では、

そんな那須大亮選手の年俸推移やポジションとプレースタイルについて解説いたします!!

 

また、

那須大亮選手に結婚相手の嫁や子供についても、

迫りたいと思います!!!

 

スポンサードリンク

 

那須大亮に嫁や子供はいる??

 

那須大亮選手は、

2010年7月に結婚されています!!

 

結婚相手の嫁は、

一般人女性ですね。。

 

また、

二人の間には子供にも恵まれており、

2011年に第一子となる女の子が誕生しています!!

 

素敵な奥様と娘のために、

まだまだ現役選手として活躍してほしいところですね。

 

スポンサードリンク

 

那須大亮のプロフィールを紹介!!

 

名前       那須 大亮(なす だいすけ)

生年月日     1981年10月10日

出身地      鹿児島県南さつま市 (横浜市生まれ)

身長       180cm

体重       77kg

ポジション    DF (CB、SB) / MF (DH)

利き足      右足

【所属クラブ】

2002-2007 → 横浜F・マリノス 119試合 6ゴール

2008 → 東京ヴェルディ 32試合 1ゴール

2009-2011 → ジュビロ磐田 100試合 7ゴール

2012 → 柏レイソル 23試合 0ゴール

2013-2017 → 浦和レッズ 117試合 15ゴール

2018- → ヴィッセル神戸

 

 

那須大亮の年俸推移を紹介!!

 

那須大亮選手の年俸推移は、

以下のようになっています。。。

 

2019年 → 3800万円(ヴィッセル神戸)

2018年 → 3800万円(ヴィッセル神戸)

2017年 → 3000万円(浦和レッズ)

2016年 → 4000万円(浦和レッズ)

2015年 → 4000万円(浦和レッズ)

2014年 → 4000万円(浦和レッズ)

2013年 → 4000万円(浦和レッズ)

2012年 → 3500万円(柏レイソル)

2011年 → 4500万円(柏レイソル)

2010年 → 4000万円(ジュビロ磐田)

2009年 → 4000万円(ジュビロ磐田)

2008年 → 2500万円(東京ヴェルディ)

2007年 → 2500万円(横浜F・マリノス)

2006年 → 2500万円(横浜F・マリノス)

2005年 → 2500万円(横浜F・マリノス)

2004年 → 1500万円(横浜F・マリノス)

2003年 → 700万円(横浜F・マリノス)

2002年 → 360万円(横浜F・マリノス)

 

2003年に、

入団2年目で岡田武史監督がセンターバックから、

アンカーにコンバートして『横浜F・マリノス』のJ1年間優勝に大きく貢献しました。。。

 

2004年に、

『アテネオリンピック』に出場。。。

 

その後、

日本A代表に選出されることはありませんでしたが、、、

Jリーグではコンスタントに活躍、人間性も高く評価され試合に出ていない時にもチームの貢献度が高いので、

J1のチームに所属し続けています。。。

 

すでに37歳で引退が近いですが、

半分裏方のような役回りも担っているので、

そのままヴィッセル神戸でスタッフになるのではないでしょうか??

 

すでに、

ユーチューバーとしても活動していて 発信力やコネクションを強めています。。。

 

トランスファーマーケットドットコムによると、

市場価値は『10万ユーロ』『1200万円』程度ですね。。。

 

2011年が、

ピークで『80万ユーロ』『9000万円』程度となっています。。。

 

国内すべてのタイトルと、

アジアチャンピオンズリーグで優勝経験がある貴重な選手です。。。

 

那須大亮のポジションやプレースタイルを解説【動画】

 

那須大亮選手のポジションは、

『センターバック』『ボランチ』さらに『サイドバック』もこなす守備のマルチロールです。。

 

複数のクラブを渡り歩いてきただけあって、

『3バック』でも『4バック』でも守備的なポジションであればどこでもプレイすることができるでしょう。。。

 

『ボール奪取能力』『ポジショニング』『カバーリング』と言った守備のセンスに優れていて、

『身体能力対人守備能力』もありますから『守備職人』として重宝されてきました。。

 

ですが、、、

年齢的な衰えもあって、1対1の守備で負けることが目立ち始め、、、

現在では守備固めでリードしている場面で試合の途中から出場することが多くなっています。。。

 

コーチングにも優れていて、

監督からの指示をピッチ上の選手に伝えやすいという特徴も途中出場の際には評価されています。。。

 

攻撃面では、

ビルドアップ能力が高く技術的に特別優れているわけではないですが、、、

ボールの動かし方が戦術的に理にかなっている頭の良い選手ですね。。。

 

また、

セットプレーからヘディングで得点を取ることも多い選手です。。。

 

というわけで、

那須大亮選手のプレースタイルは『ベテランの守備のマルチロール』とまとめることができるでしょう!!!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

那須大亮選手について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

那須大亮選手は、

北京オリンピックにも出場しており、

長くJリーグで活躍してきた日本人トップレベルのディフェンダーです!!

 

現在も『ヴィッセル神戸』に所属していますから、

まだまだ現役選手として活躍してほしいですね!!

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】