前川黛也に結婚相手の嫁や子供はいる?年俸推移やプレースタイルを解説!

今回は、

前川黛也選手に関する特集です!!

 

前川黛也選手は、

大学時代に評価が上がった選手で、

世代屈指のゴールキーパーです!!

 

また、

父親が元サッカー日本代表の前川和也選手であることでも、

有名なんですね!!

 

今回は、

そんな前川黛也選手の年俸推移やポジションとプレースタイルについて解説いたします!!

 

また、

前川黛也選手に結婚相手の嫁や子供はいる??

 

スポンサードリンク

 

前川黛也に結婚相手の嫁や子供はいる??

 

前川黛也選手は、

すでに結婚されています!!

 

2017年10月22日に入籍されており、

結婚相手のお嫁さんは一般人女性だそうです!!

 

奥様と前川黛也選手は、

学生時代から交際していたそうで、

『ヴィッセル神戸』へ入団した2017年に結婚を決めたようですね!!

 

 

前川黛也選手は、

『ヴィッセル神戸』を通じて、

以下のようにコメントしています!!

「学生の頃からお付き合いさせていただいていた方と10月22日に入籍しました。明るく幸せな家庭を築くとともに、ゴールだけでなく守るべき人が増えたことに責任感を持ち、精進していきたいと思います」

引用元 日刊スポーツ

 

守るべき家族ができたことから、

今後の活躍が楽しみですね!!

 

将来的には、

日本代表のゴールを守ってほしいところです!!

 

スポンサードリンク

 

前川黛也のプロフィールを紹介!!

 

名前       前川 黛也(まえかわ だいや)

生年月日     1994年9月8日

出身地      広島県

身長       191cm

体重       86kg

ポジション    GK

利き足      右足

【所属クラブ】

2017- → ヴィッセル神戸

 

 

前川黛也の年俸推移を紹介!!

 

前川黛也選手の年俸推移は、

以下になります!!

 

2017年 → 480万円(ヴィッセル神戸)

2018年 → 480万円(ヴィッセル神戸)

2019年 → 600万円(ヴィッセル神戸)

 

前川黛也選手は、

『関西大学サッカー部』に入部しています!!

 

4年連続で全日本大学選抜に招集されるなど、

世代屈指のゴールキーパーに成長し『ヴィッセル神戸』に加入しています。

 

トランスファーマーケットドットコムによると、

市場価値は『25万ユーロ(3000万円)』で入団時の『50万ユーロ(600万円)』から5倍に跳ね上がっています。。

 

そして、

『ヴィッセル神戸』に2017年に加入。

 

韓国代表キム・スンギュ選手からポジションを奪えずにいましたが、、、

2018年からはチーム戦術と外国人枠の関係で出場機会が増えています。。。

 

年俸も徐々に上がっていますね。。。

 

前川黛也のポジションやプレースタイルを解説!

 

前川黛也選手のポジションは、

『ゴールキーパー』です。。

 

父親は、

元サッカー日本代表の前川和也さんでしたが、

中学2年生までは身長が160cm台でフィールドプレーヤーでした。。。

 

中学3年生になると、

身長が180cmに到達し、フィールドプレーヤーとしてのプレーの感覚を失っていた時に父親の和也さんは「黛也が壁にぶつかっていたことは分かっていた。“どういう決断をするのかな”と見ていました。本人がやりたいところをやらせてあげようという気持ちだった」と振り返っています。。。

 

前川黛也選手は、

「前川和也の息子」という十字架を背負うことになるゴールキーパーへの転向を決断。。。

 

そして、

父親へ「僕にGKとしての基礎を教えて欲しい」と志願して、

毎週公園の一角でマンツーマン指導が続いたようです。。。

 

しばらくは身長の伸びが止まらずに、怪我との戦いが続きましたが、、、

『サンフレッチェ広島ユース』で控えキーパーとして地道に努力を続けた結果、、、

もともと父親の遺伝子を継いでいるのと、キーパーコーチとして父親が身近にいる環境もあって、

大学時代にゴールキーパーとして頭角を現し。現在は身長191cmに到達しています。。。

 

そんな、

前川黛也選手は、もともとフィールドプレーヤー出身で、

『足下の技術』『キック精度の高さ』は素晴らしいものがあります。。。

 

Jリーグでも、

トップクラスに『足下が上手いキーパー』といえるでしょう!!!

 

元『ヴィッセル神戸』のリージョ監督には。

「キム・スンギュ選手に遠慮している」『メンタル的な弱さ』を指摘されたこともあります。。。

 

明るい性格でコミュニケーション能力が高いですが、

ゴールキーパーとしては少し繊細すぎるのかもしれませんね。。。

 

ゴールキーパーに向いているタイプは、

『周りのことなんか全く気にしないタイプ』です。。。

 

前川黛也選手は、

ミスを引きづる傾向がありますし、

チームメイトへのコーチングにも迫力が見られません。。。

 

『精神的な安定感の無さからくるミスが多い』という印象を受けますね。。。

 

ちなみに、

父親の前川和也さんも、1992年アジアカップでは、

準決勝の中国戦で退場した松永成立選手に代わり急遽出場し、トンネルというミスでゴールを献上しています。。。

 

『派手なビッグセーブも多ければ、派手なミスも多いというタイプ』ですね!!!

 

というわけで、

前川選手のプレースタイルは『日本サッカー界待望のビルドアップ能力が高く、身長も高いゴールキーパー』です。。。

 

また、

ゴールキーパーに転校して間もないので、

これからの伸びしろも大きいのではないでしょうか??

 

いつか日本代表に選ばれて、

父親を越えてもらいたいですね。。。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

今回は、

前川黛也選手について紹介してきましたが、、、

いかがでしたでしょうか??

 

前川黛也選手は大学時代、

世代屈指のゴールキーパーでした!!

 

プロ入り後は、

レギュラ争いに苦戦していますが、

将来的にはJリーグ屈指のゴールキーパーへと成長してほしいですね!!

 

そして、

ゆくゆくは日本代表のゴールキーパーになって、

父親を超えてほしいですね!!

 

 

最後にこちらの記事もどうぞ!!

 Jリーグ移籍情報2019 Jリーグ 歴代大物助っ人外国人 Jリーグイケメン選手ランキング【TOP30】 サッカー日本代表選手の美人嫁ランキング【TOP30】  サッカー日本代表の歴代イケメン選手ランキング【TOP50】